このサービスのお勧めポイント

  • 記事作成やデータ入力、梱包作業などの事務作業が多い
  • 決済は常にシュフティを通すので安心・安全
  • チャットなどのサポートが充実

シュフティとは?

シュフティは仕事を発注したい人(クライアント)と仕事を受注したい人(ワーカー)をマッチングするかんたんお仕事のクラウドソーシングサイトです。 お仕事の登録から見積募集、業務連絡、請求までの取引のすべてをシュフティ内で行うことができ、独自の取引システムとポイント決済制度で安心・安全にお仕事をすることができます。

ターゲット層

育児中でも社会とつながるために事務職などで働きたいと考える主婦や空き時間に在宅でお金を稼ぎたい主婦など。

所感・感想

なぜクラウドソーシングを提供している会社は同じようなデザインばかりなのかと、いつも疑問に思っていたが、普段ランサーズやクラウドワークスを利用しているユーザにとっては見慣れたサイトデザインなので乗り換えやすいのかなぁと思った。ただ会員登録しないと仕事の詳細が見れないので、他サービスとは少し仕様が違う。発注者側に取っては闇雲に情報が公開されないので安心かも。

マネタイズ・収益方法

ワーカーのスカウト(求人)、仕事の一覧画面(仕事を探す)で目立たせるPRオプションなどが有料サービスとなり、ワーカーへの報酬が支払われる際に10%のシステム利用料を徴収している。

資金調達や業務提携

記事作成特化型のクラウドソーシング「サグーワークス」と連携。

2014年にスマホアプリ「シュフティ」や、リアルな物品納品の内職マッチングができる「内職機能」などを提供。また2015年1月には、記事作成特化型のクラウドソーシング「サグーワークス」と連携するなど、在宅ワーカーのためのサービスや機能を拡充してきた。こうした取り組みの結果、2014年から2015年にかけて毎月8000人ペースで登録ユーザー数が増えるなど、従来と比べて急成長しているという。同社では2015年内に25万件のユーザー登録を目指し、パートナー企業との連携やサービスの拡充を続けるとしている。

みんなのウェディングなどから6.3億円の資金調達し、結婚後の女性が多いシュフティと相互に送客することにより、シナジーを図る。

2014年10月1日 主婦などの在宅ワーカーを中心としたクラウドソーシング事業「Shufti」を展開するうるるは、ニッセイ・キャピタルおよびみんなのウェディングを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。調達金額の総額は6億3000万円で、出資額の比率や払込日などの詳細は非公開。

会社概要

会社名株式会社うるる
代表者名星 知也
資本金330,813,000円
設立2001年8月
事業内容
  • BPO、入札情報速報サービスなど