このサービスのお勧めポイント

  • サイバーが運営するクラウドファンディング
  • 後発ながらも実行者・支援者が急増中
  • 日本のモノづくりを中心に支援

クラウドファンディングMakuake(マクアケ)とは?

クラウドファンディングとは、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組みです。 サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するMakuakeは、アイデアを持っている勇敢なチャレンジャーを全力で応援します。あなたのアイデアを是非実現させましょう。
掲載されたプロジェクトはサイバーエージェントグループが運営する3000万人の会員数を誇るAmebaや、その他のメディアからの集客を行うことでより多くのネットユーザーにプロジェクトのアイデアを知ってもらうことができます。 同時に、スマートフォンユーザー向けに最適化されたページ表示にも対応しており、決済手段に関してもクレジットカード・ペイジー(銀行振込)・ネットバンク振込・コンビニ払いを用意することでスムーズな支援が可能なサービスとなっております。

ターゲット層

個人メイカー、ベンチャーメイカーなどの、モノづくりのプロジェクトを考えている人。

所感・感想

他のクラウドファンディングと比較すると、Makuake最大の特長は「Ameba」との連携だと考えられる。他のサービスはゼロから立ち上げて、集客をしていく必要があるが「Ameba」という非常に強いプラットフォームがあるので、大きな優位性となっている。
しかし「Ameba」を使うユーザが支援者として使ってくれそうなイメージがあまりないが…。
実行者を集客するためには「実際にどのくらい支援できたのか」という実績が重要になるが、後発(2013年8月開始)という点もあり他社サービスに負けている現状。
しかし、ロボット製品に特化したカテゴリを作ったり、IoT(モノのインターネット)プロダクトの開発を支援したりなど、時代の流れに合わせた展開の早さは、さすがサイバーエージェントといった印象を受ける。
ちなみに現在Googleで「クラウドファンディング」と検索すると、1位がREADYFOR、2位がMakuake、3位がCAMPFIREとなっている。今後このビックキーワードの順位がどのように変動するか気になるところ。

マネタイズ・収益方法

掲載料無料でプロジェクトが成功した場合、プロジェクト実行者に対して集まった支援総額の80%が支払われ、残り20%はMakuakeの手数料となる。
※CAMPFIREも手数料が20%で、READYFORは手数料が17%となっている。

会社概要

会社名株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング
代表者名中山 亮太郎
資本金65,000,000円
設立2013年5月1日
事業内容
  • クラウドファンディングサイトの運営