このサービスのお勧めポイント

  • 発注企業総数667社、作業実績3,067万件突破
  • リアルワールド会員880万人に作業を依頼できる
  • 仕事をする側の手数料は一切掛からない

CROWD(クラウド)とは?

CROWD(クラウド)とは、誰でも簡単に行えるデータ入力や、記事作成、チェック作業など、ネットでできるさまざまな仕事を提供する、「おしゃれで新しい内職」のようなサービスです。
国内最大級の作業総数約3000万件・会員総数約880万人を誇り、誰でも時間や場所にとらわれずに簡単にお金を稼ぐことができます。

ターゲット層

仕事をする側
副業をしたい人や、ポイント獲得サービス「げん玉」を利用している人。

仕事を依頼する側
仕事をする側のユーザは女性が多いと考えられるので、女性向けの商材を扱う事業者に取っては企業の認知度UPができる。また運営元のリアルワールド会員880万人のワーカーが作業することにより、短時間で膨大な量のタスクをこなすことが可能。

所感・感想

他のクラウドソーシングと比較すると、依頼金額は常に一定で、仕事をする側は見積もりを出すことができない。仕事をお願いする際に、予めシステムで見積もり金額を決定し、その金額に応じたポイントが支払われる仕組み。
このポイントは運営元サービスの「げん玉」で使用することができたり、換金することができる。(げん玉とはポイントを獲得できる総合型サービスでネットショッピングの機能もある)
仕事の依頼内容は記事作成、データ入力、レビューなどが中心で、他のクラウドソーシングと変わらないが、仕事をする側の情報は表示されていない。
このサービスの強みは、「げん玉」でポイントを稼ぐ一つの手段として、クラウドソーシングを利用してもらうことができ、小遣い稼ぎをしたいユーザは主婦層が多いため、このサービスと親和性が高い。そのため双方送客し合える形が取れる。

マネタイズ・収益方法

基本的にクラウドソーシングのビジネスモデルは、仕事を依頼する側が無料で、仕事をしたい側に成約した際の手数料が掛かる仕組み。
しかしこのサービスは、仕事をしたい側は見積りや提案をすることができず、予め決められたポイントが支払われる仕組み。そのため運営元で手数料を取った上で、報酬額が決められている。その手数料は不明。

資金調達や業務提携

2015年3月3日 ラクスルと業界初のサービス「ラクスルデザインラボ」の提供の開始

両者の特徴を組み合わせたサービスを提供することで、リアルワールドの持つクラウドワーカーへの更なる労働機会の創出と、ラクスルの目指す中小企業支援に大きく寄与すると考え、業務提携を行なうに至りました。

2015年3月2日 ランサーズ株式会社と企業のクラウドソーシング導入促進に向けて業務提携

近年多数の企業がクラウドソーシング事業者として参入しており、またそれぞれ専門分野が異なっていることから、どのサービスを利用することが自社にとってメリットのあるのか判断が難しくなっているという発注企業側の課題も指摘されていました。
受託業務を細分化することで特別なスキルのない人でも作業を可能するマイクロタスク型クラウドソーシングサービス「CROWD」を運営するリアルワールドと、141 種類の様々な仕事の取引ができる総合型クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズと提携することにより、仕事のディレクション領域から大量の納品までを、ワンストップでの依頼が可能になると共に、これまで以上に、一度で大量の仕事を発注することができるようになります。また、クラウドソーシングを導入し、社内業務の効率化を考える企業に対し、適切なソリューションを紹介するコンサルティングも実施していきます。

会社概要

会社名株式会社リアルワールド
代表者名菊池 誠晃
資本金411,162千円
設立2005年7月29日
事業内容