このサービスのお勧めポイント

  • 仕事を辞めずに他の企業の経営に参画できる
  • 新たな経験や腕試しができる
  • スタートアップなどの成長企業が中心

サンカクとは?

サンカクは、仕事を続けながら成長企業の経営に触れられる「ディスカッション参加サービス」。企業のリアルな課題を経営者等と直接議論することで、経営体験することが可能。

ターゲット層

・参画する側
「自分の経験と知識を社外の場で試してみたい」「社外で自分を必要としてくれる人や組織に貢献したい」という欲求を叶えてくれる

・参画される側
経営コンサルタントのような形で、無報酬で経営相談できる相手を見つけられる

所感・感想

2014年9月に開始したサービス。

企業のリアルな課題を経営者等と直接議論することで、経営体験することが可能なサービス。参画される側の企業はスタートアップが中心で、「U-NOTE」「ココナラ」「TERIYAKI」「Retty」など有名所の企業も多数掲載している。

参画するユーザ側は報酬が一切ないので、応募する動機としては「その企業に興味がある」からと言える。 ユーザ層はある程度優秀で待遇も悪くない企業で働く人が多いとは思うが、そのまま転職してしまうケースも十分に考えられる。 このフラットな形でオフィスに行き職場の雰囲気を体験できる点はWantedlyと似ている。 応募する際は「興味がある」ボタンをクリックするだけで完了し心理的なハードルと物理的なハードルを下げているところもそっくりだ。

日常の仕事では体験することのできないリアルな経営の悩みに触れることができ、自分自身がどこまで通用するか腕試しをすることができる。 転職市場における自分の価値を再確認することもできるので、これから転職や起業を考えている人にお勧めしたいサービス。

マネタイズ・収益方法

掲載企業側からは費用を徴収していないとのことで、どうやってマネタイズを行っているのかは不明。サービスを開始し始めた昨年の10月のプレスリリースでは、マネタイズを検討中としている。

マネタイズはまだ検討中です。実際の参画企業1社、1社にお話を伺い、様々な案を模索しています。これも同じように、ヒアリングを重ねて答えを出すつもりです。
ユーザーにも企業にも、報酬は発生しません。さらに言えばベータ版なので、企業側の掲載自体も無料なんですよ。もちろんディスカッションのあとで双方が合意して、パートナー契約などを結べば別ですが、「サンカク」はそこまで介在しません。あくまで、無料で単発のディスカッションをマッチングする場として、サービスが完結しています。また、ユーザーもそもそも、報酬を求めて来ていません。だからといって、ただ「お茶しようよ」というようなすごくカジュアルな話をするわけではないんです。そこはビジネスなので、経営課題とか事業課題とかのディスカッションのテーマを設けて、あまり堅苦しくならずに議論しましょうということです。

マネタイズを実現させるためには、ソーシャルリクルーティングのような形で、各個人がスキルを登録しておき、企業が「参画して欲しい」というオファーを送信するような仕組みを作り、マッチングで手数料を徴収というのが現実味がある。

これだとリクルートの求職者のデータを活用することができるし、ユーザ側も「経営企画に参画して欲しい」という通知が来れば悪い気はしないはずだ。

ただ、クラウドソーシングの分野と競合になりそうな気もするが…。

会社概要

会社名 株式会社リクルートホールディングス
代表者名 峰岸 真澄
資本金 100億円
設立 1963年8月26日
事業内容