2019.05.02

事業を次世代につなぐM&Aサービス【Batonz(バトンズ)】

Batonz(バトン)のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 東証一部上場の日本M&Aセンターグループが運営
  • M&Aなのに登録は簡単
  • 買主・後継ぎ候補は2万人以上

Batonz(バトン)とは?

Batonz(バトン)は、次世代に事業や会社を譲りたい人(売り手)とその事業や会社を譲り受けたい(買い手)を繋ぐM&Aマッチングプラットフォームだ。

日本では、少子高齢化が進み次世代の企業の後継がおらず仕方なく潰してしまうという深刻な問題が発生している。そんな問題を解決するために事業承継にフォーカスしたM&Aを行うサービスが多くなってきている。だが、企業間でのやり取りとなるために条件面の交渉が進まないことが多いこととこの事業承継の問題を抱えている企業は途方もないほど存在するため従来の人が営業をかけて進めるやり方では効率的ではないなど別のサービスを行う上での課題がある。

それを最近の動きとしてはマッチングプラットフォームという形でwebからアクセスし効率化やお互いの条件面のすり合わせを簡単にすることができるようになった。

仕組み

参照元:https://batonz.jp/

ターゲットユーザ層

事業または企業を売却したい方
事業または企業を買収したい方

Batonz(バトン)の特徴・メリット

豊富な案件数と多様なセグメント

実際にサイトを見て頂ければわかるが公開されている案件だけでも1000件以上登録されている。譲渡金額も0万円〜と事業承継を身近に検討できそうなものもある。またこれらの多数な案件に対して購入側は多様なセグメントより自分の条件にあったものを探すことができる。

具体的には、
業種/地域/譲渡希望金額の上限・下限/キーワード検索/交渉可能かどうかのチェックボックスなどである。

強力な提携先

事業承継の難しいところは、承継後の運営である。事業承継後もその事業を持続させ雇用を生み出して行かなければいけないため飲食業であれば食材の仕入れや集客、またそれらに使う運転資金調達のための銀行への借り入れなどである。だが、これらについての問題も株式会社バトンズは東証一部上場企業の日本M&Aセンターグループであるため都心、地方関係なく提携企業が多いので承継後のサポートも期待できる。

提携先の一部

参照元:https://batonz.jp/

Batonz(バトン)の費用・料金体系

・売り手買い手両方
基本サービス(売り買い情報登録/マッチング受付/実名開示/交渉管理/譲渡管理など)は無料
基本合意時:20万〜
譲渡契約時:継承対価の10%+100万円〜

料金表

参照元:https://support.batonz.jp/hc/ja/articles/360009403453-%E6%96%99%E9%87%91%E8%A8%AD%E5%AE%9A

運営会社情報

会社株式会社バトンズ
代表大山敬義
会社URLhttps://batonz.co.jp/company/
UEHARA

UEHARA

渋谷で働くネット広告マンです。大学生のときからwebサービスとスタートアップが好きなちょっと変な人です。資金調達関連や新しいテクノロジーを身近に感じるためにネット広告会社に新卒入社しました。

執筆者

トッピクス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載