2018.10.13

20代から始められるAIを活用した不動産投資「Renosy」

renosy

Renosyのお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • AIが投資価値の高い物件を選定してくれる
  • アプリ一つで不動産の管理や収支シュミレーションが可能
  • 時間と手間を掛けることなく不動産投資ができる

Renosyとは?

株式会社GA technologies(TYO: 3491)が提供するRenosy(リノシー)というサービスはAIを活用した不動産投資の総合的なプラットホームである。不動産投資のwebサービスと聞けばファーストロジック(TYO: 6037)が運営する楽待なども有名である。

違いとしては楽待は不動産投資のポータルサイトであるのに対してRenosyは不動産投資に「知る」「買う」「売る」「リノベーションする」「投資する」という目的に対してツールを提供している会社という認識が適切だろう。

ターゲットユーザ層

・働きながら副収入を得たい方
・将来に備え資産運用を考えている
・低リスクで安定した投資をしたい
・若いうちに不動産投資について勉強して置きたい

Renosyの費用・料金体系

自社サイトで掲載しているワンルームマンションや中古マンションの掲載料から収益を得る仲介モデル。

執筆者の所感

投資を考えている多くの人が不動産投資は数千万円〜数億規模の額を必要とするものだと考えてしまい自分には関係のないものと決めつけているのが実情だ。さらにインカムゲインやキャピタルゲイン、アセットマネジメントなど何やら難しそうな単語が並んでおり知識がなければ損をしてしまいそうと考える人も多いだろう。 そんな悩みを解消してくれるのがRenosyである。

まず、金額の問題に関しては最近ではソーシャルレンディングや貸付型のクラウドファンディングなどがあり少額から不動産に投資することが可能なのである。Renosyの案件には一口10,000円から投資ができ、年利8%などの案件が多く見られた。とはいえ、いきなりソーシャルレンディングの口座を開設してお金を投げて見るのは怖い。

そこでクラウドファンディングやソーシャルレンディングとは何なのか、そして投資する不動産についてなどを相談することが可能なのである。少しずつ少額のお金を不動産投資で運用することにより、だんだんと知識が自ずとついていくはずです。そうしたら相場よりも価値が安いか高いかを算出することなどの目利きができるようになり良い物件をタイミングよく買える機会があればそのときに再度相談を行い大きい金額を動かして家賃収入などの資産形成を行っていくことも一つの手だ。

運営会社情報

会社株式会社GA technologies
代表樋口 龍
設立年月2013年3月
UEHARA

UEHARA

渋谷で働くネット広告マンです。大学生のときからwebサービスとスタートアップが好きなちょっと変な人です。資金調達関連や新しいテクノロジーを身近に感じるためにネット広告会社に新卒入社しました。

執筆者

トピックス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載