2019.05.13

自らの手で、ユニコーン企業を育てよう【Unicorn(ユニコーン)】

Unicorn(ユニコーン)のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 気に入ったユニコーン企業に投資ができる!
  • 3か月に1回、投資した企業からIRがある
  • 様々なイベントやセミナーも開催予定

Unicorn(ユニコーン)とは?

“Unicorn”は株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。今春にサービス開始予定で、現在はサービス開始に先立ち、会員登録の申し込みが始まっている。先着100名には3000円分のAmazonポイントがもらえるキャンペーンが実施中。Unicornの投資先はスタートアップ企業であり、定期的なIRや株主優待等により中長期的な企業のサポーターを作り出すことを目的としている。発行会社によって1株あたりの募集価格が異なるが、5万円から投資が可能。また、投資者一人あたり1社につき1年間に50万円が上限となる。

ターゲットユーザ層

ユニコーン企業に投資したい人やエンジェル投資に興味がある人

Unicorn(ユニコーン)の特徴・メリット

誰でもエンジェル投資家になれる

Unicornでは、1社5万円から50 万円まで株数単位で投資が可能。例えば、1株5万円として、3株だと15万円、6株だと30万円というように、自分の投資予算に合わせて株数を選ぶことができる。
そして、株式を保有している企業からは最低1年に1回、株主優待を受けることになる。株主優待の内容は企業によって異なるが、募集の段階で、予定している優待の内容を開示しているので確認ができる。最低3か月に1回の会社からの事業報告(IR)があり、事業の進捗状況がわかる楽しみもある。また、Unicornでは、会員に対して様々なイベントやセミナーを企画開催する予定だ。資産運用、起業、ビジネス活用、会社との交流会、著名人の講演会等幅広いテーマを取り上げるとのことだ。

企業側にも手厚いサポート

株式会社ユニコーンは、会社に対して、Unicornの提供だけでなく募集終了後も継続的に経営をサポートしてくれる。専門のアドバイザーが、定期的に会社を訪問して、事業の状況や資金の活用状況を聞きながら、さらなる成長に向けてのアドバイスやパートナーの紹介等を積極的に行ってくれるのだ。

執筆者の所感

エンジェル投資家とは、起業家の最初の一歩を踏み出す支援をする個人投資家のことである。日本のエンジェル投資家は近年増えているが、アメリカなどに比べるとまだ少ないのが現状である。
Unicornは最低5万円からユニコーン企業に出資ができるので、誰でもエンジェル投資家になれる。スタートアップ初期の株を持ち、事業が成功した時にその株を売ることでリターンが得ることができるエンジェル投資は、当たれば数十倍のリターンをもたらしてくれる。投資先としては企業の成長性が重要視され、ハイリスク・ハイリターンの投資といえるだろう。Unicornには、定期的なIRがあるので自分が応援したい企業を近い場所で見ていけるメリットもある。

運営会社情報

会社株式会社ユニコーン
代表安田次郎
資本金8900万
設立年月2015年12月
okamoto

okamoto

介護士の転職サポートをしている社会人1年目。

執筆者

トピックス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載