2018.10.08

ネットショップを無料で簡単に作成「BASE」

BASEのお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 初期・月額費用が全て無料でショップを運営できる
  • 簡単に見た目をカスタマイズでき、オリジナルのショップが作成できる
  • アクセス数や売上履歴を簡単に確認・管理できる

BASEとは?

「BASE」は、クリエイターなどの個人に特化したネットショップ作成サービス。これまで「BASE」で開設されたネットショップ数は40万店舗を超えている。

独自の決済システム「BASEかんたん決済」を利用することで、決済機能の導入にかかる審査期間を短縮することに成功した。

誰でも簡単にデザイン性の高いEコマースサイトが作成できる仕組みを提供しており、これまで費用、Web技術、時間など、様々な理由でEコマースを始めることが困難だった方にもチャレンジしやすいサービスとなっている。

ターゲットユーザ層

無料でネットショップを持てるので、個人間取引レベルの規模感にお勧め。storesは無料プランだと出品上限が5点までと設けられているがBASEは上限ない。ただ少額の取引(1000円程度)だとstoresの方が手数料的に安かったりする。

BASEの費用・料金体系

注文が入ると手数料がかかる仕組みで内訳は以下となる。

・決済手数料
1注文ごと3.6%+40円
※決済手数料はクレカだけでなく、コンビニや銀行振込でも同様

・サービス利用料
1注文ごと3%

・売上金の引き出し(振込手数料)
売上金の引き出しには振込み手数料がかかり、
振込申請額が2万円未満の場合500円、2万円以上の場合0円

上記の費用以外に、ショップに機能を追加する際にアプリを使うが、有料アプリを使う場合は別途費用がかかる。

執筆者の所感

実際に使ってみた感想として、簡単に作れるという点は素晴らしいが、ホームページを編集する際に「HTML編集」という無料プラグインを入れる必要があり、慣れていないからかもしれないが、それの使い勝手が非常に悪かった。

具体的に述べると、BASEのホームページはトップ・カテゴリ・会社概要・プライバシーポリシーなど、複数あるページを全て1ページで管理しており、CSS・JSなどを追記・変更する場合は同一ファイルに書き込み必要があったりと、カスタムが非常に面倒だった。

ただ無料で出来る範囲は広く、管理画面のUI・UXが非常にシンプルなので、あまり多くのことを求めない店舗にとっては、非常に使いやすい構成となっている。どんなサービスなのかは、無料でできるので実際に使ってみた方が早いだろう。

ネットショップは構築しただけでは、注文が入ることはないため、無料で集客したいなら定期的にブログを投稿してアピールしたり、SEO対策を考えたりする必要がある。有料で集客するならリスティング広告、SNS広告などを駆使する必要がある。楽天市場やヤフーショッピングなどのモールに出店するのとは訳が違うので、注意が必要だ。

運営会社情報

会社株式会社ブラケット
代表光本 勇介
設立年月2008年10月
MORII RYOJI

MORII RYOJI

ホームページ制作会社「AltBase LLC.」の代表やってます。システム開発、SEO対策、リスティング運用、メディア運用なども得意としております。「こんなサービスを作りたい!」とご相談いただければ、無料で相談に乗りますので、お気軽にご相談ください。

執筆者

トッピクス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載