2019.01.25

日本初のモデル、チラシを使った法人営業代行サービス「チラCEO」

チラCEOのお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 決裁者である経営者層に絞って営業活動できる
  • チラシを提示するだけでなく口頭で商材を説明してもらえる
  • 商談可能日程やニーズなど商談が円滑に進むようにサポートしてくれる

チラCEOとは?

「チラCEO」とは、決裁者または社長に、直接チラシを手渡しして説明してもらえる法人営業代行サービス。

同社が運営するインタビューサイト「オンリーストーリー」で、毎日1社以上の会社へ取材をしており、その際にチラシを渡して商材内容を説明してくれる。

取材先の会社が興味を持ってくれたら、見込み客と商談をすることができる、というメリットがあり、現在、契約企業様は100社を超え、5000を超える決裁者商談を実現してきた実績がある。

ターゲットユーザ層

・法人営業に悩んでいる企業
・アポの獲得数を増やしたい企業
・自社で営業部隊を抱えていない企業

チラCEOの特徴・メリット

チラCEOを活用する会社のメリット

決裁者・社長に絞って、自社の商材をチラシにして営業代行をし、商談の場を設けてくれる。アポを獲得するまでのフローを全て代行してくれるため、手間なく新規開拓ができる。

チラCEOを活用する会社のデメリット

初期+月額費用が掛かる点と、商談の場がどれくらい確保できるかは不明慮という点が挙げられる。

取材される会社のメリット

創業時の葛藤から現在、未来の展望など、ストーリー記事をインタビューサイト「オンリーストーリー」へ、取材してもらった内容を掲載してもらえる。

「オンリーストーリー」は単なるインタビューサイトではなく、ログイン機能を持ったSNSサイトの側面を持ち、他社の社長(累計1500社)と繋がることができる。

取材される会社のデメリット

取材される会社は、チラCEO利用企業の中から、3社と商談をする必要がある。その会社は取材される会社の方で選定可能だが、決裁者または社長が商談に対応する必要があるというものだ。

商材の購入は必須ではないようだが、3社と商談の場を設けるということは、それなりの時間を割くことになるので、新しい出会いが生まれる可能性もあるが、無駄に時間を割いてしまうリスクがある。

チラCEOの費用・料金体系

トピックス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載