作成日:2020.03.28  /  最終更新日:2020.04.02

企業リスト抽出サービス「FUMA(フーマ)」

フーマ

FUMA(フーマ)のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 全国160万社以上の企業情報が掲載
  • ブラウザ上で無料・無制限に利用できる
  • 会員登録不要

FUMA(フーマ)とは?

全国160万社の企業データベースから、業種やエリア、売上高など好きな条件で企業リストを抽出できるサービス。会員登録は不要でブラウザ上で無料・無制限で利用できる。市場調査や自社製品の浸透度などを図ることができる。

FUMA(フーマ)の特徴・メリット

見込み客、競合、投資先を探せる。またIR情報が出ている企業の場合は、営業利益率、自己資本比率、従業員数、創業年数、事業、得意先、系列、代表者等を閲覧できる。

FUMA(フーマ)の費用・料金体系

完全無料で利用できる。月額課金や従量課金、月間取得可能上限数などは一切なし。企業リストをダンプデータで購入したい場合はパートナー企業の株式会社クレディセイフ企業に問い合わる必要がある。

執筆者の所感

動画は企業情報活用アプリ「NOKIZAL(ノキザル)」を運営しており、このFUMAと連携している。このアプリでは、営業先/提携先を探しているビジネスマンが、会社のパソコンからFUMAで見つけた企業に連絡し、訪問する際に外でNOKIZALを使って企業の最新動向や地図情報を確認する、といった利用場面を想定している。

FUMAは無料で利用できるが、NOKIZALで企業情報の詳細を閲覧する際に課金が必要となる。そのためFUMAのビジネスモデルは、アプリ誘導しての課金だと考えられる。

運営会社情報

会社株式会社Plainworks
代表平野健児
設立年月2014年8月
会社URLhttps://nokizal.com/about/
OKAMOTO KOSEI

OKAMOTO KOSEI

大学時代は遊び惚けて一浪、新卒の会社を8ヶ月で退職、その後はOcean Lightを立ち上げ、代表として数々の企業案件に対応しています。得意業界は医療/介護/IT系で、スタートアップ界隈のビジネスモデルを研究しています。

執筆者
ホームページ制作.jp

トピックス

ビジネスモデル

執筆者一覧