2018.10.13

質問に答えるだけでホームページを自動生成できる【BiNDクラウド】

bindcloud

BiNDクラウドのお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 誰でも簡単にプロ顔負けのホームページが作れる
  • 250種類以上の豊富なテンプレートから選択できる
  • WEBのノウハウを学べる無料コンテンツも充実

BiNDクラウドとは?

WIXやペライチなど最近では、リテラシーがなくても無料でホームページ作成を行うことが簡単になってきた。オンラインショップもBASEなどで簡単に開業することが可能だ。でもそこからの運用は、中々うまくいかなかったりして挫折する人が多いことも事実である。

BiNDクラウドでは、上記と同様に簡易的にホームページを作成できるだけでなくwebに対してのノウハウを学びSEO対策などの集客面を強化することできるサービスだ。

ターゲットユーザ層

WEBを活用したい個人事業主、中小企業やショップのWEB担当者

BiNDクラウドの費用・料金体系

月額課金制となっており、3つのプランを用意している。

・エントリーコース:無料
・プロコース:年次契約(月額換算)2,480円/月次契約 2,980円
・ビネスコース:年次契約(月額換算)8,166円/月次契約 9,800円

執筆者の所感

WEB初心者でも安心してホームページ制作ができる。7つの質問に答えるだけでサイトが自動的に完成するので、難しい専門知識は不要。自動生成したサイトはブロックを組み替えるような感覚でカスタマイズができる。また、250種類以上あるテンプレートから選んで作成することもできるのでオリジナルのサイトも作成できる。 作成したホームページはスマホ表示に自動で最適化するレスポンシブWebデザインなのでモバイル対応も万全。

ホームページ作成以外にもオンラインショップを無料で開業することができ、受注管理や売上分析などを確認できる。また無料で使える本格的な問い合わせフォーム機能もあり関連サービスも充実している。

更に定期的にWeb制作と運用のノウハウをプロから学ぶセミナー・イベントを無料で実施しており、詳しい講義と参加型のワークショップによって、実践力を身に付けることができる。

運営会社情報

会社株式会社デジタルステージ
代表熊崎 隆人
資本金3,000万円
設立年月1998年11月
UEHARA

UEHARA

渋谷で働くネット広告マンです。大学生のときからwebサービスとスタートアップが好きなちょっと変な人です。資金調達関連や新しいテクノロジーを身近に感じるためにネット広告会社に新卒入社しました。

執筆者

トッピクス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載