2018.11.10

11/5にリリースされた自撮りを売れるSNS【selmee(セルミー)】

selmee(セルミー)のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 自撮りがお金にかわる
  • selmee限定の写真や動画をコレクションできる
  • コレクションすることで応援ができる

selmee(セルミー)とは?

selmee(セルミー)はここでしか見ることのできない限定動画や写真をコレクションすることができる、世界で初めてのSNS。

投稿する側は、誰でも簡単に写真や動画を販売でき、買う側は写真や動画を買ってアプリ内でコレクションすることができる。

ターゲットユーザ層

自撮りを投稿する側

・Youtubeやライブ配信サービスへの投稿には抵抗がある人
・Youtuberやインスタグラマーになりたい人
・自分のファンに特別な写真や動画を届けたい人

閲覧して楽しむ側

・自分の好きなインフルエンサーやアイドルを応援したい人
・アイドルやモデルなどの限定動画や画像を見たい人
・応援している人に関する情報は全部チェックしたい人

selmee(セルミー)の特徴・メリット

簡単に自撮りが売れる

SNS写真を投稿してお金が稼具ことは、実際のところインスタグラマーやYouTuberといった影響力がある人でないと厳しいのが現状。しかしselmeeでは影響力のない駆け出しのインスタグラマーやYouTuber、またはそういったインフルエンサーを職業にしたいと思っている人でも写真や動画を販売することができるシステムである。

SNSでありながら限定公開が可能

投稿した写真や動画は購入者にしか公開されない。さらに言えば、スクリーンショットもできない仕様になっている。(selmee独自の録画&スクショ防止機能によりブロックされる。)

誰でも見れるSNSに自分の写真をあげるには自信がなかったり、拡散が怖いと感じたりしている人にとっては限定公開であることで、そのハードルが下がるのではないだろうか。


 

selmee(セルミー)の費用・料金体系

販売価格は30コインから1000コインの範囲で選択する方式(1コイン=1円)。投稿ユーザーは販売価格からApp Store・Google Playの手数料を引いた金額の半分を受け取れる。

執筆者の所感

執筆者がアプリを触ってみた感想

全体的にUIはインスタグラムに似ていて、下部中央の+ボタンから簡単に写真や動画を投稿することができる。投稿する時にコレクションにかかるコイン数を30コイン〜 設定することができる。

アプリを触ってみて意外だったのは動画枠で複数の男性が「ロボットダンス」や「ビートボックス」、「Youtube解説」といったコンテンツを配信していたことだ。正直、『自撮りが売れるSNS』というPRだったので写真も動画も若い女性がメインユーザーだと思っていた。今後はYotubeのように動画プラットフォームにもなり得そうだ。

運営会社情報

会社株式会社リクポ
代表代表取締役CEO 木崎智之
資本金未公開
設立年月2015年12月
会社URLhttps://selmee.com/sp/company.html
uehara_sub

uehara_sub

渋谷で働くネット広告マンです。大学生のときからwebサービスとスタートアップが好きなちょっと変な人です。資金調達関連や新しいテクノロジーを身近に感じるためにネット広告会社に新卒入社しました。

執筆者

トッピクス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載