作成日:2020.04.16  /  最終更新日:2020.06.04

労働組合が運営する確実・即日・365日「退職代行ガーディアン」

退職代行ガーディアンのお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 運営元が労働組合なので確実に退職できる
  • 365日、即日対応してくれる
  • 相談〜退職すべてスマホで利用できる

退職代行ガーディアンとは?

退職代行ガーディアンは東京労働経済組合が運営する退職代行サービスである。運営元が労働組合なので違法性なく安心して退職ができる。

退職代行サービスは一般企業が運営している場合がほとんどだが、運営元が労働組合である点が珍しい。朝日新聞や財経新聞など大手メディアを含めた様々なメディアの掲載実績がある。

ターゲットユーザ層

「上司が一方的に辞めさせてくれない」「退職の意向を切り出す勇気がない」「会社に出社することなく退職したい」と考える退職希望者がターゲットになる。

退職代行ガーディアンの特徴・メリット

安心・確実に退職できる

一般企業が運営する退職代行サービスは低費用だが違法業者も多く、リスクが高い。企業と法律的に問題なく交渉するには弁護士事務所に依頼するのが1番だが、費用が高くつく点がネックだ。

その点退職代行ガーディアンは、一般法人が提供する退職代行サービスと同水準の低費用・簡単さで、弁護士事務所レベルの確実性・合法性を合わせ持つ。

今すぐ辞められる

退職代行ガーディアンでは相談から退職までたったの3ステップ。365日、即日対応なので今すぐ辞められる。就業規則で○ヶ月前に申告と決めている企業が多いが、あくまで企業側の希望なので即日退職しても法律的に問題ない。

料金は一律で追加費用は一切かからない

雇用形態・地域・年齢で料金は変わらず、全て一律料金で設定されている。様々なケースで退職代行は依頼されるので、それぞれ難易度や連絡回数、連絡時間帯が変わるが、追加料金は一切かからないので安心できる。

会社や上司へ連絡不要

依頼後、会社への連絡は全てガーディアンが代行するので、上司や社長と面談することはない。退職届の提出や貸与品の返却も郵送で行える。

また、会社に対して本人に連絡しないように伝えてくれるので、会社から連絡が来ることもない。 ただし、強制力がないので会社が勝手に連絡するケースはあるが、ガーディアンが対応してくれるので無視して構わない。

交渉可能

ガーディアンを運営している東京労働経済組合は合同労働組合のため、企業と交渉を行うことが法律で認められている。一方、一般企業が提供する退職代行サービスでは弁護士監修のもと交渉が行われる。弁護士監修と銘打っているが実際は弁護士と契約していない業者も存在するので、合同労働組合が運営しているのは強み。

退職保証

退職代行ガーディアンでは過去一度も退職できなかったという事例がない。頑なに退職を認めない企業の場合、団体交渉を起こして依頼者を守ってくれる。全て法律に則っているのでトラブルに発展することはない。

退職代行ガーディアンの費用・料金体系

正社員・アルバイト・パートすべてサービス利用料金は一律29,800円。別途追加費用が発生することはない。支払い方法はみずほ銀行に振り込みと、クレジットカード決済から選べる。※クレジットカード決済はVISAとMasterCardに対応。

退職代行ガーディアンの利用の流れ

  • Step 01
    電話・LINEで退職相談

    「上司に連絡したくない」「今すぐ辞めたい」など退職に関する悩みをまずは相談。LINEに対応しているので隙間時間を見つけて相談できる。

  • Step 02
    依頼料金を入金

    クレジットカードと銀行振込から入金方法を選ぶ。入金完了後、退職に必要な質問フォームが送られてくる。

  • Step 03
    退職代行

    ガーディアンが代わりに退職に必要な連絡・交渉を代行してくれる。代行中は何度でも電話やLINEで連絡可能。

退職代行ガーディアンの評判/クチコミ

入社して5年間ずっと我慢の日々でした。給料が安く、たまに有給を取ろうとすると上司に嫌味を言われます。お世話になった先輩もいるのでなかなか退職を言い出せず我慢して勤務していました。そんな時に退職ガーディアンの存在を知り、退職代行を依頼しました。今は新しい職場に転職して満足に勤務しています。もっと早く退職ガーディアンを知りたかったのが本音です。

夢を持って入社した会社でしたが、どうしても上司との関係が上手くいかず、日々怒られる毎日に嫌気がさしていました。辞める時に、上司と揉めてトラブルになりそうだと思い、退職ガーディアンに頼んで即日退社。苦痛の日々から開放されました。

IT業界で働いていましたが、超激務で体がもたないなと思い、退職することを決意しました。今の状況を親身になって聞いてくれ、希望通り退職することができました。退職ガーディアンを利用して正解だったと思います。

執筆者の所感

現在、多数のメディアで取り上げられたこともあり、退職代行市場は盛り上がりを見せている。しかし、中には「メッセンジャースタイルで交渉はしない」弁護士法違反の疑いがある業者や、労働組合と偽る一般企業も存在するので、依頼先の選定は慎重に行わなければいけない。

そのような背景から、退職代行ガーディアンではこれらの違法業者に対して、サービス紹介ページや特集記事で大体的に注意喚起を行っている。利用者が安心できるように業界の健全化を目指しているという。

こうした取り組みは退職希望者に対する真摯な姿勢が伺え、好感が持てる。退職代行でトラブルを起こさないために、退職希望者を食い物にする悪徳業者ではなく、退職代行ガーディアンのように信頼できる運営が提供するサービスを選ぶべきだろう。

運営会社情報

会社東京労働経済組合
代表長谷川 義人
設立年月1999年9月
会社URLhttps://trk.or.jp/
OKAMOTO KOSEI

OKAMOTO KOSEI

大学時代は遊び惚けて一浪、新卒の会社を8ヶ月で退職、その後はOcean Lightを立ち上げ、代表として数々の企業案件に対応しています。得意業界は医療/介護/IT系で、スタートアップ界隈のビジネスモデルを研究しています。

執筆者
ホームページ制作.jp

トピックス

ビジネスモデル

執筆者一覧