作成日:2020.04.08  /  最終更新日:2020.06.05

必要なときに必要な仕事だけを頼める「フジ子さん」

フジ子さんのお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • オンラインで必要なときに仕事を任せられる
  • 専門スキルを持ったスタッフが多数在籍
  • 必要なときだけオンライン上で簡単に利用できる

フジ子さんとは?

フジ子さんは良心的な価格で専門スキルを持つスタッフに仕事を依頼できるオンラインアシスタントサービス。社員やアルバイトを雇うための求人にお金をかけれない企業でも費用を抑えて利用できる。フジ子さんに登録しているスタッフは子育てや介護などが理由で在宅ワークに切り替えた女性がほとんどを占める。

オンラインアシスタントとはインターネットを通して経理・秘書・人事などのバック業務を請け負う仕事である。オンライン秘書、バーチャルアシスタントなど様々な呼ばれ方をされている

ターゲットユーザ層

人手が足りないが予算を多く使えない、社内に必要なスキルを持つ人材がいない、社員が急に退職してしまった等の問題を抱えている企業

フジ子さんの特徴・メリット

専門性の高いスタッフが業務をサポート

フジ子さんに依頼後、メインアシスタントが一人配置される。メインアシスタントはクライアントの希望に応じてオンラインアシスタントのチームを編成。チームメンバーはフジ子さんに登録しているスタッフで必要なスキルを持つ人材から編成している。人材を適材適所に配置することで、低コストでも高いパフォーマンスを実現。

フジ子さんに登録しているスタッフの大半は育児で在宅ワークに切り替えた女性である。元人事や経理担当など経歴は様々。誰でもフジ子さんに登録できるわけではなく、書類選考・スキル審査・数回の面談と厳しい選考フローで優秀な人材のみを確保している。
ガイド

任せられる業務は様々

フジ子さんでは主に「経理」「秘書/総務」「人事」「Webサイト運用」を依頼できる。それぞれの分野で必要なスキルを持ったアシスタントが配置されるので教育コストをかけずに業務の依頼が可能。

経理

  • クラウドツールの導入サポート
  • 振り込み支払い代行
  • 記帳代行

秘書/総務

  • 備品購入代行
  • 出張手配やお店の予約
  • 資料作成
  • 調べもの、リサーチ業務

人事

  • 給料計算
  • 求人広告の出稿や運用
  • 入社、退社の手続き
  • 勤怠管理

Webサイト運用

  • Webページの編集
  • SNSの運用代行
  • ECサイトの運用代行
  • クラウドソーシングの管理

業界水準と比べ安い価格設定

近年、日本でもオンラインアシスタントサービスを提供している企業が増えてたが、その中でもフジ子さんは広告費を削減するなどしてサービス料金を低く設定している。課金も一分単位でされるので、費用を必要最低限に抑えることが可能。
フジ子さんと他社の料金比較

フジ子さんの費用・料金体系

最初の一週間はトライアル期間で利用は無料。トライアル期間終了後、本サービスに切り替わる。その際、オンラインアシスタントの実働時間を決定。月の実働時間が長くなるほど、時間単価は安くなる。実働時間が月50時間を超える場合や土日祝日の対応を希望する場合は費用が別途見積もりが必要。

本サービスに切り替わった後は、1ヵ月ごとに自動で契約が更新される。また、銀行振り込みによる料金の前払いが必要となるためクレカ決済ができない。

トライアル 20時間プラン 30時間プラン 50時間プラン
契約期間 1ヵ月 1ヵ月 1ヵ月 1ヵ月
アシスタントの実働時間 2時間 20時間/月 30時間/月 50時間/月
月額料金 無料 4.7万円 6.9万円 9.9万円
時間単価
50時間プラン 1時間あたり2,000円程度
80時間プラン 1時間あたり1,500円~2,000円程度
160時間プラン 1時間あたり1,390円~2,000円程度

フジ子さんの利用の流れ

  • Step 01
    無料トライアル

    問い合わせを契約して最初の一週間は無料トライアルになる。無料トライアル期間はアシスタントの実働時間は2時間まで。アシスタントの実力を確認することができる。

  • Step 02
    本サービス開始

    無料トライアル期間が終了するまでに本サービスに切り替えるか検討。本サービスではオンラインアシスタントの実働時間でプランがわかれており、料金が異なる。

  • Step 03
    契約の締結

    本サービスのプランを決めた後、契約の締結を行う。「お申込み」「秘密保持契約」「請求」が主な契約内容。

  • Step 04
    仕事を依頼

    契約締結後、本サービスが開始。メール、チャット、電話のいずれかでアシスタントに業務を依頼。プランナーが最適なチームを編成し対応してくれる。その後、各アシスタントに業務の細かい指示を出す。

フジ子さんの導入事例

人件費を下げたいケース

フジ子さんを導入することにより人件費を抑えることができる。自社で社員を採用する場合、求人広告費やデスクの用意などコストが大きくかかってしまう。自社で採用するのを諦めて外注業者に依頼したとしても、外注先によって費用が高くなる可能性があるので慎重な選定が必要。その点、フジ子さんは業務時間が長くなるほど時給が安くなるので、社員と同じ時間稼働した場合、費用が大幅に安くなる。

すぐに手伝ってほしい仕事が発生したケース

急を要する業務が発生したため、自社で社員を雇おうと考えても、求人広告をだして応募者を待つことになるので1ヵ月以上時間がかかってしまう。外注業者は見積りに時間がかかるので急な依頼は難しい。一方、フジ子さんを導入すれば無料トライアルですぐに業務を依頼できる。

フジ子さんの評判/クチコミ

パーソナルアシスタントは日本ではあまり浸透していませんが、必要な分だけ仕事を依頼できるのでフジ子さんを利用しています。結果、生産性を高めることができました。フジ子さんはTODOリストを渡すだけで自主的に仕事をしてくれるので助かっています。

データ整理や資料作成など様々な内容の仕事をフジ子さんにお願いしています。仕事の報告時には次にするべき仕事を予測して進めるべきか提案してくれるので、一度仕事を依頼すれば後はYESかNOの一言で仕事が進んでいきます。おかげで他の仕事をする時間が増え、マーケティング戦略の検討に専念できています。

参照元:公式サイト(導入事例)

執筆者の所感

基本的にパソコン上で行う仕事であれば、何でも外注することができる。

他の秘書代行サービスの多くは業務時間の区切りが15分単位だったりするため、数分で完了する小さい仕事を依頼しても15分カウントとして扱われるが、フジ子さんの場合は1分単位でカウントされるので、本当にかかった時間分しか請求されないメリットがある。

月50時間契約だと時給換算2000円、月160時間契約だと1390円~2000円となり、決して安くない印象を受けるが、パートを一人雇おうとすると採用にかかる費用、社保や交通費などの費用、デスク/PCなどの備品の費用と、結構なコストがかかる。

長期のバイト契約や社員であれば秘書代行を使う必要がそこまでないが、世界経済が悪い昨今、今の業績がいつまでも安定する保証はないため、リスク回避的に秘書代行などで外注化するのも良さそう。

直接クラウドソーシングなどで一部業務を依頼するケースは多く、私も今の会社でやっていたりするが、アウトソースする先が複数になってしまうと、外注先の管理や請求の管理周りが面倒になる。フジ子さんのような一元管理してくれる代行サービスは一定の需要があると思われる。

運営会社情報

会社フジア株式会社
代表山田真也
設立年月2017年2月
会社URLhttps://fujiko-san.com/campany/
OKAMOTO KOSEI

OKAMOTO KOSEI

大学時代は遊び惚けて一浪、新卒の会社を8ヶ月で退職、その後はOcean Lightを立ち上げ、代表として数々の企業案件に対応しています。得意業界は医療/介護/IT系で、スタートアップ界隈のビジネスモデルを研究しています。

執筆者

トピックス

執筆者一覧