作成日:2020.01.10  /  最終更新日:2020.06.30

そのツラい仕事から即、解放「男の退職代行」

男の退職代行のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 業界初の「男性限定」退職代行サービス
  • 代行で有給消化、給料未払いの交渉ができる
  • 提携している転職エージェントを利用すればお祝い金が貰える

男の退職代行とは?

男性限定の退職代行サービス。法的に認められた労働組合が運営元のため違法性なく確実に退職できる。退職の意思を伝えるだけの業者と違い、有給消化や給料未払いの交渉もあるのが特徴。事業者に必要な認可がない退職代行サービスは怪しい運営会社も多いが、男の退職代行は日本退職代行協会から優良事業者の認定を取得しており、安全性が高い。

ターゲットユーザ層

「自分の代わりに退職の意思を伝えてほしい」「確実に退職したい」「退職代行でも有給は全消化したい」と考える男性がターゲット

男の退職代行の特徴・メリット

利用料金が業界最安値

正社員は29,800円、アルバイトであれば19,800円で退職代行を依頼できる。料金が安いだけでなく、実際に利用した1,000人に聞いたアンケートでは全員が満足しており、サービスの質も高い。全額返金保証がついており、確実な退職を約束している。

退職代行EXITとの比較

業界のパイオニアでNO.1の知名度を誇る退職代行EXIT があるが、個人的に男の退職代行の方がメリットが大きいと感じる。具体的なメリットは以下の通り。

有給全消化&お給料満額支給サポートを受けられる

EXITは運営元が弁護士資格を持たないので、有給消化や給料の支払い交渉を本人に代わって行えない。その点、男の退職代行は運営元が合同労働組合なので、本人に代わって退職先企業と交渉が可能。有給消化の交渉を自分でするのは気まずいが、代行できるのはメリットが大きい。

転職サポートの提携企業数が多い

男の退職代行は転職エージェント5社と提携しており、提携企業を利用して転職先が決まると、お祝い金5万円を貰うことができる。退職代行の料金は29,800円なので、約20,000円分得する。(※転職が成功して3ヵ月以上の経過が条件)

EXITでも退職後、提携する転職エージェントを使って次の職場が決まると退職代行料金がキャッシュバックされるが、男の退職代行と比べ、プラマイは0。また、提携企業数は一社しかないので(今後増える可能性はある)キャッシュバックを受けるためには一社しか利用できない。転職エージェントを利用する場合、担当のキャリアアドバイザーとの相性があるので、複数社に登録するケースが一般的。それを考慮すると提携先が5社ある男の退職代行の方がお祝い金を貰える可能性が高い。

決済方法が多い

EXITは支払い方法が銀行振込とクレジットカードのみだが、男の退職代行ではペイパル、楽天ペイなど数種類のオンライン決済を利用でき、選択肢が多い。また、代金の後払いもできるので、すぐにお金を用意できなくても退職代行を依頼できる。

男の退職代行の費用・料金体系

アルバイト・パートと正社員(契約社員・派遣社員含む)で利用料金が異なる。内定辞退の連絡を代行する場合は正社員料金になる。※料金は税込み支払い方法は銀行振込、クレジットカード、ペイパル、コンビニ決済、楽天ペイ、キャリア決済、翌月後払いから選べる。

アルバイト・パート 正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など
利用料金 19,800円 29,800円

男の退職代行の利用の流れ

  • Step 01
    退職相談(無料)

    LINE登録または公式サイトのお問い合わせフォームから退職相談依頼をする。退職代行を進めるにあたって必須となる情報は「氏名・電話番号・退職実施希望日・雇用形態・契約期間の有無」

  • Step 02
    入金後、退職代行の実施

    退職代行依頼料金を入金する。指定口座に入金するか、クレジットカードや楽天ペイなどの決済サービスを利用する場合は公式サイトの申込ボタンから入金ができる。入金確認後に退職代行サービスを受けられる。

男の退職代行の評判/クチコミ

ITエンジニアとして勤務していた会社から突然異動を言い渡されたため、退職代行を利用しようと思いました。インターネットで「退職代行 即日」と入力てヒットしたのが男の退職代行で、認定を取得してるとのことで利用を決めました。利用した結果は大変満足です。感謝しかないです。

美容師のアルバイトとして新しい職場へ就職しましたが、職場の雰囲気・安い給料で即日退職を検討していました。即日退職ができる退職代行サービスを利用しようと思い、サービスを調べる中で、利用料金の安さで男の退職代行サービスを選びました。最後までサポートをしていただいて大変満足しています。

セールスドライバーを7ヵ月やり、将来の不安を感じ男の退職代行を利用しました。退職代行の連絡を入れてもらう日にちを柔軟に対応してもらえただけでなく、残っていた有給を全部消化して退職できて本当に感謝しています。後払い決済で依頼できたのも助かりました。

執筆者の所感

JRAA(日本退職代行協会)の特急認定取得

男の退職代行の公式サイトを見るとJRAAから特急認定を取得したと大きく掲載されている。認定により違法性の心配ゼロと簡単な説明書きがあるが、「認定取得にはどういった意味があるのか?」「なぜ違法性の心配がないのか?」イメージしづらい。気になったので、JRAAについて調査してみた。

JRAA(日本退職代行協会)とは

JRAAとは退職代行業界の消費者保護を目的に活動している社団法人である。NPO法人のように行政庁の認証を受けているわけではないので、実態・信頼性については何ともいえない。男の退職代行はJRAAの会員のようだ。

特級認定会員とは

JRAAに入会するとサービスの質を審査をしてもらえる。審査後、4つある認定のいずれかを取得。審査は100以上の検査項目によって公正な調査が行わるとのこと。男の退職代行は最高ランクである特急認定会員の資格を取得している。JRAAは設立してまだ日にちが浅く、会員も少ないので現時点では資格を取得していても信頼できるとは言えないが、今後JRAAの入会者が増えれば価値ある指標になるだろう。

ランク 特徴
特急認定会員 特別に優れた退職代行サービス事業者としての認定となり、会員種別としては最も高いクラスの会員になります。
認定会員 審査を経て日本退職代行協会の認証を得た退職代行サービス事業者です。
準会員 日本退職代行協会の理念に賛同する退職代行サービス事業者です。認定マークは付与されませんが、当ホームページの会員一覧ページにサービス名とリンクを掲載させていただきます。
賛助会員 日本退職代行協会のビジョンに賛同し、ご協力いただける退職代行サービス事業者以外の方。法人・個人は問いません。

結論:信頼に値するとは言えないが姿勢は評価できる

現時点だと、JRAAの特級認定の取得はサービスの信頼に直結すると言えないが、退職代行サービスにおける「消費者保護」と「業界の健全化」というJRAAの理念に共感していることはアピールになる。男の退職代行はJRAAの認定を抜きにしても、サービス利用者から満足の声が多いので優良なサービスであることは間違いない。

運営会社情報

会社株式会社インクル
代表須貝 俊介
設立年月2011年1月
会社URLhttp://home.incul.jp/
OKAMOTO KOSEI

OKAMOTO KOSEI

大学時代は遊び惚けて一浪、新卒の会社を8ヶ月で退職、その後はOcean Lightを立ち上げ、代表として数々の企業案件に対応しています。得意業界は医療/介護/IT系で、スタートアップ界隈のビジネスモデルを研究しています。

執筆者

トピックス

執筆者一覧