2019.05.06

スマホひとつで、誰でも簡単にチケットの販売・管理ができる【TIGET(チゲット)】

TIGET(チゲット)のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • スマホだけでも管理できる
  • クレジット決済も導入可能 販売手数料は 5.0%
  • 多彩な販売方法が可能

TIGET(チゲット)とは?

イベントページの作成から販売管理まで0円で行える電子チケットサービス。

ライブやイベントなどの行う際の予約・決済などに便利なのが電子チケットである。昔は紙のチケットを発行し手で売っていたり、チラシを作り告知などを行なっていたり下がTIGETでは、イベントページの作成、販売・管理、チケットの本人認証までを一括で行うことができる。実績としてもこれまでに50,000以上のイベントにて使用されてきている。

販売手順

参照元:https://tiget.net/about

ターゲットユーザ層

・イベント企画を行なっている学生
・ライブを自分たちで行なっているバンドやアイドル

TIGET(チゲット)の特徴・メリット

不正対応がしっかりしている

近年、C2Cサービスの普及により発生している問題がチケットの転売である。これは一部のユーザーが人気のイベント・ライブのチケットを様々な方法で一気に買い占めてファンに対して高く売りその利ざやで儲けるというものである。

TIGETでは、これに対して、大量予約やBOTでの予約などの悪質行為となるものに対して特定のユーザーに制限を掛けることにより対策をとっていたり転売を防ぐために顔認証システムFaceOpenを導入し本人確認を行えるようなことも可能となっている。だが、高額な転売ではなく運営の同意のもとで行われるリセール機能を実装しているため柔軟性も持っている。

基本無料で簡単に使える

イベントやライブを行う運営の方々からすると販促活動やチケットの管理にかかる工数や費用はできるだけ抑えたいというのが本音だろう。TIGETでは基本利用金額などの固定費が発生しないため余計な費用がかからない。また、スマホだけでも販売・管理が行えるため隙間時間で管理ができ販売までの工数が簡単なため無駄なことに時間が取られることがない。

TIGET(チゲット)の費用・料金体系

掲載料や利用料は無料

決済の際に販売金額の5%が手数料としてかかる

運営会社情報

会社株式会社grabss(グラブス)
代表下平 誠一郎
設立年月2012年10月
会社URLhttps://www.grabss.co.jp/company
UEHARA

UEHARA

渋谷で働くネット広告マンです。大学生のときからwebサービスとスタートアップが好きなちょっと変な人です。資金調達関連や新しいテクノロジーを身近に感じるためにネット広告会社に新卒入社しました。

執筆者

トッピクス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載