2018.10.11

【サービス終了】ライドシェアマッチングサービス「Hitch me(ヒッチミー)」

Hitch meのお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 相乗りで交通費を節約できる
  • 実名登録や本人登録により安心・安全に利用できる
  • 企業広告を車のリアウィンドウに掲載すると広告収入を得れる

Hitch meとは?

ヒッチミーは、一般ドライバーとその車の空席に同乗を希望するパッセンジャーとをマッチングし、安くて楽しい、そして環境にも優しい相乗り移動を可能にするサービス。移動にかかったガソリン代や高速代を相乗り相手と割り勘すれば、移動費用を節約することができる。また、ドライバーはパッセンジャーから支払われる金額の一部を環境保護団体などへ寄付することができるだけでなく、自分の車のリアウィンドウに企業広告を掲載することで広告収入を得ることが可能。

ターゲットユーザ層

同じ方向に向かう相乗り相手を探すことができ、実費費用を割り勘できるので、移動費・交通費を節約したい人や、同じ趣味を持つ人同士で繋がりを持ちたい人。

Hitch meの費用・料金体系

寄付活動や環境活動に積極的で、このサービスからのマネタイズはやっていないように見受けられる。ドライバーが相乗り相手に費用を徴収するので、白タク行為に該当しそうだが、以下のように説明している。

ドライブに実際にかかった費用(高速道路料金・燃料費・駐車場代)を、車に乗せた人に負担してもらうことは、有償輸送(白タク行為)には当たりません。友人と高速代などの実費費用を割り勘して、ドライブに出かけるケースを想定してもらうといいかもしれません。
どの程度負担してもらうかは各ドライバーの任意ですが、かかった費用以外のお金(運転料など)を求めることは、道路運送法上認められていません。
http://hitchme.jp/faq/

運営会社情報

会社合同会社selfree
代表小俣隼人
設立年月2014年7月
MORII RYOJI

MORII RYOJI

ホームページ制作会社「AltBase LLC.」の代表やってます。システム開発、SEO対策、リスティング運用、メディア運用なども得意としております。「こんなサービスを作りたい!」とご相談いただければ、無料で相談に乗りますので、お気軽にご相談ください。

執筆者

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載