2019.07.18

今までに無かった誰でも投稿できる動画アフィリエイトサービス【ViiBee(ビービー)】

ViiBee(ビービー)のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 手軽に投稿できる
  • 動画で伝えやすいフォーマット
  • SNSを活用して拡散できる

ViiBee(ビービー)とは?

日本最大級のアフィリエイトサービスA8netを提供しているファンコミュニュケーションズがリリースを予定している動画アフィリエイトサービス。

購入者から見ると一般的なライブコマースのような感覚で視聴されると推測できる。だが、一番これまでのライブコマースと大きく異なる点が投稿者側のマネタイズ方法にアフィリエイトが導入されている点である。

そして、ViiBeeの投稿者はA8同様に多くのユーザーが投稿できると期待でき、サービスに編集機能も付いているので手軽に商品を動画で宣伝し報酬を得ることができる。

ターゲットユーザ層

・従来のアフィリエイター
・インフルエンサー
・大学生

ViiBee(ビービー)の特徴・メリット

ネットで稼ぐ仕組みが簡易化する


これまでのアフィリエイト業界では、基本的に自分でサイトを作り、記事を作成しSEOで集客を行う。そしてその記事を経由した際にサイト運営者が報酬を得るという仕組みだった。なので、サイト周りについて最低でもhtml、CSSぐらいは知っていなければ売上を出すことは難しく、またSEOもある一定数の記事数がなければ上位に表示されない傾向にあるため知識と忍耐力と継続性が必須でありハードルが高いと言えた。

だが、今回のViiBeeでは動画で撮影しViiBee上で購入できる仕組みとなっており難しいネットの知識を必要としないため幅広いユーザーが投稿を行うことが可能だ。すでにyoutubeを始めとしてtiktokなどで若年僧が編集を行い投稿していることからも動画の投稿のハードルは低いと想定される。

ブログとは異なった表現方法


アフィリエイトでは、基本的に記事での訴求となるが、文字を読みたくないユーザー数も一定数いると考えられる。また、コスメなどの美容関連の商材は文字で書き起こしているものよりも実際に使用している動画の方がユーザーには情報が多く取れ表現としても伝わりやすいと考えられる。

少なくともこれまでのアフィリエイトとは異なった表現方法で訴求することができることは間違いないだろう。

SNSを活用して集客できる


これまでのブログサイトは、如何に詳細な情報を提供できるかが集客の大きな要素だった。だが、近年youtubeやインスタの普及により情報そのものよりも”誰”が発信した情報なのかが注目されるようになってきている。

そんな人にファンがつくことからViiBeeも自分のSNSを使い集客・拡散ができるようになっている。

ViiBee(ビービー)の費用・料金体系

・投稿者側も視聴者側も無料

執筆者の所感

日本でも現在10個ほどライブコマースのサービスが存在しているが、どこも成功している印象がない。問題としては素人に近い投稿者が物を売ることへのエンターテイメント性を出すことができず閲覧者のUXが良くないからだと想定される。

ここをクリアしてしまえばテレビショッピングの領域をそのままリプレイスし、ジャパネットタカタが最盛期だった時のように動画で物が売れる時代が来ることも期待できる。なので、一番考慮しなければいけない視聴者の体験をどのように高い水準へ持っていけるかの仕組み作りに注目していきたい。

運営会社情報

会社株式会社ファンコミュニケーションズ
代表柳澤 安慶
資本金11億7,367万円
設立年月1990年10月
会社URLhttps://www.fancs.com/
webo

webo

執筆者

トピックス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載