2018.11.04

リアルタイムで利用シェアリング駐車場サービス【SmartParking(スマートパーキング)】

SmartParking(スマートパーキング)のお勧めポイント

RECOMEND POINT
  • 圧倒的に工数が少ない
  • スマホにて決済できる
  • オンラインで空き状況と場所がわかる

SmartParking(スマートパーキング)とは?

スマートパーキングは、初期費用・月額使用料0で、自宅の空き駐車場をコインパーキングとして運営することができるサービス。オーナー登録後、カラーコーンを置くのみで運用ができてしまうので駐車場として大掛かりな施工を行う必要が無く、決済はスマホで行うことができるので利用者と顔を合わせることもなくトラブルを避けることができる。

ターゲットユーザ層

オーナー利用
・空きスペースを有効活用したい方
・有効活用したいが工数は掛けたくない方
・ユーザーと接触したくない方

ユーザー利用
・臨時で駐車場を探している方
・小銭ではなくスマホで決済したい方

SmartParking(スマートパーキング)の特徴・メリット

オーナー登録 特徴

駐車場を掲載するまでの工数が少ない

通常空きスペースをコインパーキングに変えるとなると書類手続きの他に土地調査などが入り精算機の導入やロック装置、P看板・料金説明看板、衝突防止パイプetc…などの工数が入ります。これらの導入を無料で行ってくれるコインパーキング管理会社もありますが、大掛かりすぎて導入できないであったり、小規模で運用したい、できるだけ工数を減らしてすぐに運用したいなど要望があるだろう。

それらを解決するために導入までの工数を最小に抑えたサービスがスマートパーキングである。オーナー側の手間としてはカラーコーンを置くだけで大掛かりなロック装置は必要なし、決済についてはスマホでの決済なので精算機の設置も必要が無く小規模スペースから導入することが可能。

空き状況をリアルタイムで表示するので効率的運用

従来のコインパーキングでは、行って見なくては空いているかどうかがわかなくユーザーに無駄な手間を掛けてしまい。常に埋まっているのかそれともたまたま埋まっているのかユーザーにはわからなく。たまたま埋まっていただけなのに常に埋まっていると意識させてしまうとユーザーの獲得が難しくなってしまう。なのでリアルタイムで空き情報を公開することで効率よくユーザーとのコミュニケーションが行える。

ユーザー利用 特徴

オンラインで駐車場を探し、空き状況も確認できる

駐車場を探している時、案外見つからないという経験があるかと思うが、スマートパーキングでは現在の位置から近場で駐車場がないかを探すことができる。またその駐車場が現在空いているのかどうかもスマホ上で確認することができ余計に駐車場を探す必要がない。さらにオーナーが小規模から駐車場を掲載することが可能なのでコインパーキングがなさそうな場所でも登録している場合があり利用できる可能性がある。

スマホ決済なので小銭が必要いらない

コインパーキングでたまに起こしてしまう問題が小銭を持ち合わせておらず、さらにお札も大きいものしかない、そして周囲に自販機などの崩せそうな場所もない。車で両替に行こうも車はロックされているという最悪な状態。スマートパーキングではスマホで決済を行うのでこのような小銭がないなどの問題は発生しない。

SmartParking(スマートパーキング)の費用・料金体系

オーナー側の費用は
収益全体の50%(サポート費用含む)

オーナー登録の手順

参照元:https://owner.smart-parking.jp/

運営会社情報

会社株式会社シード
代表吉川幸孝
資本金55,000,000
設立年月2002年4月
会社URLhttps://smart-parking.jp/company
UEHARA

UEHARA

渋谷で働くネット広告マンです。大学生のときからwebサービスとスタートアップが好きなちょっと変な人です。資金調達関連や新しいテクノロジーを身近に感じるためにネット広告会社に新卒入社しました。

執筆者

トッピクス

ビジネスモデル

執筆者一覧

Webサービスのビジネスモデルを解説

サービスの使い方からマネタイズの方法、資金調達の状況、会社概要など様々な情報を記載